長崎鼻とは

大分県北部豊後高田市、国東半島の先端あたりに位置します。周防灘に向かい「鼻」のように突き出した岬、ここが長崎鼻です。
降り注ぐ太陽と海からの風が、すべてのエネルギーとなります。
長崎鼻は「見る」「聞く」「触れる」「香る」「食べる」の「五感リゾート」です。国東半島の大自然を五感でお楽しみ頂けます。

見る

長崎鼻には見どころがいっぱいです。
春には菜の花が2000万本、夏にはひまわりが140万本、岬に広がる花公園に咲き誇ります。

春には菜の花の黄色い絨毯

夏にはひまわりが咲き誇ります

岬に広がるキャンプ場、先端には灯台があり、展望スポットです

長崎鼻にある行者洞穴は、パワースポットです。
このあたりには波の浸食で出来た洞穴が数多くあります。
その中の一番大きなものが「行者洞穴」です。
その脇にはほこらもあります。

外側

洞穴内側

また、長崎鼻はアートの岬とも呼ばれます。2014年に開催されました「国東半島芸術祭」において作成、展示されました数々のアート作品が岬のあちこちにそのまま常設されており、散策のコースにもなっております。

オノ・ヨーコ 見えないベンチ

聞く

長崎鼻では、色々な自然の音を楽しむことができます。夏に海水浴で賑わうビーチでは子ども達の元気な声が。夕暮れの波打ち際、ひまわりが咲く段々畑を吹き抜ける風の音。他にも色んな音が聞こえてきます。

楽しそうな声が響く、夏の海水浴場

触れる

みんなで楽しくキャンプで触れ合う。自然と触れ合う。アートに触れる。色々な触れ合い方があります。水、砂浜、樹木、花、そして空気にも、あちこちでいっぱい触れ合ってください。

大自然の中のキャンプ場

香る

春に段々畑に吹く風にのってやってくるのは甘い菜の花の香り。14haの花公園で存分に楽しむことができます。ビーチに吹く潮風の優しい香り、キャンプ場に吹く森林の深い香り。それぞれのシーズン、時間、場所で色々な香りと出会ってみてください。

2,000万本の菜の花の香りは畑を優しく吹き抜けます

食べる

リゾートキャンプ場入口にあるレストランfiore(フィオーレ)は、カフェタイム、ランチタイムを設け皆様のお越しをお待ちしております。ここで採れるひまわり、菜の花のオイルを使ったメニューや、地元名産の「岬ガザミ(ワタリガニの一種)を使ったメニューも季節限定でご用意しております。カフェタイムでは人気の「菜の花油で焼いたシフォンケーキ」もおススメです。

海を臨むレストラン。天気のいい日はテラスのお席がおススメです。

海水浴、キャンプだけではなく、花とアートを散策してみたり、海の見えるお席でのんびりとランチを楽しんだり。大自然の中、あなたの五感を刺激する様々なシーンがあります。
「見る」「聞く」「触れる」「食べる」「香る」の五感リゾート、そして花とアートに包まれる岬、それが長崎鼻です。
恋叶ロード パワースポット