パワースポット

パワースポット 行者洞穴(ギョウジャドウケツ)

キャンプ場の中を進むと、行者洞穴の案内板があり、階段を下りていくと立派な洞穴が2つあります。(階段を降りますので、お足元にはご注意ください。)



海蝕洞穴は長い時間をかけて風化、水食された洞窟です。最大のものが行者洞窟と呼ばれ、直接海水が入る珍しい洞窟で修験者の修行の場といわれています。
ここの海蝕洞穴は、県の天然記念物に指定されています。
リアス式の海岸は海食崖となっており、岬の先端部に約20の海食洞があります。



奥には小さな祠があります。そこには、役行者、不動明王、蔵王権現が祀られ、古くは修験道の修行の地であったといわれています。



西の海に面しているこの洞穴には、5月の連休あとと8月の後半あたりの年に2回、夕日の沈む風景を見ることができ、毎年この時期には、多くのカメラマンの方達がやって来られます。



キャンプで来られた方も、ふらっと立ち寄られた方も、長崎鼻のパワースポット「行者洞穴」をご覧ください。