アート

渡来の文化と土着の文化が混じり合うことで、独自の文化が育まれてきた大分県国東半島。2014年この地で「国東半島芸術祭」開催されました。長崎鼻では「香々地プロジェクト」として国際的アーチストであるオノ・ヨーコ氏と韓国の現代美術界を代表するチェ・ジョン・ファ氏が参加し、それぞれの作品を設置、その後常設展示となっています。

オノ・ヨーコ

オノ・ヨーコ氏は日本生まれのアメリカの芸術家、音楽家です。ビートルズのジョン・レノン氏と結婚、レノンとの数々の共作でも知られています。オノ・ヨーコは13基のベンチ型の作品を設置しました、それが「見えないベンチ」です。このベンチに座り、添えられた彼女の詩を読むと目の前の風景が異なる世界へと変容していきます。

「見えないベンチ」からの景色。見えない音、香り、風などを感じてください。

 
また、願い事を書いて吊るしていく参加型アート作品「念願の木」には皆様のお願いでいっぱいです。吊るして頂いた札は一杯になると、ヨーロッパのアイスランドにある、同じくオノ・ヨーコの作品「イマジン・ピース・タワー」に送られます。タワーから発せられる強い光の束となり成層圏まで届きます。皆様の願いで地球を覆いましょう。

長崎鼻の念願の木は「月桂樹」です

チェ・ジョン・ファ

韓国の現代美術界を代表するチェ・ジョンファは岬全体を俯瞰できる段々畑の頂上に花のピラミッドを造りました。
彼の作品テーマは「ハッピー・トゥギャザー」、見る人を楽しく幸せな気分にしてくれます。

一番高いところから見渡します

2人の作品は、この岬を深く感じるための装置として制作されました。
作品を通して、この場所に流れる時間や関わる人々の想いを感じてみてください。

江口章子

長崎鼻のアートにおいて、もう一つ大切なのが江口章子です。
「波乱万丈の人生、情熱の詩人」といわれます江口章子は、長崎鼻のある香々地町の旧家江口家の三女として生まれます。北原白秋氏の二番目の妻でありました。彼女の歌碑が長崎鼻の中にあります。

レストラン横にあります

花とアートの岬づくりプロジェクト 2016,2017

2017年 3月 長崎鼻では「花とアートの岬づくりプロジェクト」スタート。
新たに3名のアーティストによる作品が常設展示されるようになりました。
 

 


戸田 裕介 「水土の門/天地を巡るもの‐Ⅱ(stageⅡ)」





森 貴也 「なるべく高いところから空を見る」





森 貴也 「Dream Egg 」





藤沢 さだみ 「おかしなどうぶつ -ひつじ- 」





藤沢 さだみ 「おかしなどうぶつ -しか- 」



長崎鼻アートフェスタ作品はキャンプ場のあちこちに点在しております。
「花とアートの岬 長崎鼻」では、ゆっくりとアート散策していただけるように、アート散策マップもご用意して、売店OLIOにて常設しています。花の時期には花畑の中のアート巡りをお楽しみいただけます。